ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

小骨が取れた

同じアパートのひとが

引っ越した

 

 

うちのアパートは

出入りが激しい

 

 

わたしたちが

2年前にやってきたとき

住んでいた人は1人もいない

最長になってしまった

 

 

悪いアパートではない

日当たりは良すぎるが

隣人の声はまったく聞こえない

いるのかもわからないくらいだ

部屋の隣接する部分が

リビングなどではないのが

良いのだと思う

 

 

しかし

階下の声は

聞こえることがあった

 

 

特に夜中に

大人数で騒がれると

9時に寝るうちとしては

気になるものであった

いつもではないが

わりと三代目なお兄さんたちが

ワイワイとやってることがあった

 

 

しかし

うちもいつ子どもが夜泣きをするか

わからないし

うるさくするかもしれないと

産後に挨拶に行った時

三代目にもかかわらず

感じが非常に良かったので

クレームを言うのもどうかも思い

いつもではないし

仕方がないと諦めていた

 

 

そのひとが

引っ越した

ワイワイ、と仲間たちに助けられ

出て行った

わずか数ヶ月であった

 

 

まだ夜泣きもないので

うちがうるさかったということは

ないと思うし

近頃あまりいなかったから

たぶん同棲でもするのだろう

 

 

喉に挟まった

小骨が取れたような気持ち

 

 

しばらく空き部屋にならないかな

いまはないけど

夜泣きが心配