ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

手紙は捨てる

わたしは

手紙をすぐ捨てる

読んだら捨てる

置いといたって仕方ないし

よっぽどの内容でない限り

読み返すわけでもないし

だから反対に

捨てるために、きちんと読む

後で読もうとか思わず

きたらすぐ読んで

手紙が来たことは忘れないし

返事が必要ならすぐに書く

 

 

 

夫はなんでも

置いておく

結婚式の座席表やら

その時もらったメッセージ

年賀状

何でもかんでも置いておく

それでも大切にしまっておくのではなく

その辺に置いている

たぶん読んでない

それなのに勝手に捨てたら怒るし

捨てるかと聞いたら渋る

 

 

手紙を捨てることは

その人の気持ちを捨てることではない

届いた時点で

きちんと読めば

心にまで届くから

 

 

 

とわたしは思うけど

両親が旅先から送って来た

テンションが高い割に

あまり内容のない暑中見舞いを

読んですぐに捨てたら

「すぐに捨てるね」という顔をした

「わたしは手紙を捨てる」と返すと

「知ってる」のだそうで

理解はしている模様

 

 

だって

わたしはあなたが貰うより

何倍も手紙が届くんですよ

両親はすぐに手紙を送ってくるし

友達も女の子ってマメだから

なにかにつけて一筆あったり

可愛い便箋とかで送ってくれるんです

それを一人暮らししてから10年も

全部置いといたら

こんな小さな家のクローゼット

パンパンになってしまうよ

 

 

冷たいとか言わないで

心には届いてます