読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花と

初夏ですね

ご飯事件

昨日何故か

ふとした出来事で

涙が止まらなくなりました

 

 

 

いつものように

晩御飯を作って

夫と食べたんです

 

 

ごはんと

牛肉と大根の煮物と

卵とじみたいなやつ

です

 

 

 

わたしは帰宅中

頭の中で冷蔵庫の内容を思い出して

鮭のホイル焼きにしようかなーと

思ってたんです

 

 

だけどそこへ

夫から電話があって

国産牛が安かったから買ったと

いうことでして

 

 

煮物とかなんかにしてくれ

とかいうので

たぶん切り落としだろうと思って

大根がたくさんあるし

煮物にしようと思って

 

 

 

最近、太ったと言われたりして

だいぶ気にしていて

薄味にしなくてはと思いつつ

夫には味の付いたものを、と思うので

いままでは目分量だったのを

きちんと調味料を計って作るように

したんです

 

 

そしてせっかく買ってきた牛肉なので

いつもは適当に感覚で作るけど

失敗しないように

レシピを見ながら作ったんです

 

 

 

だけどみりんがなかったんです

そこで砂糖で代用しました

それが

入れすぎたのかも知れなくて

 

 

 

夫が何口か食べてから

味について、甘いな、と言いました

 

 

夫の反応で

いつだってすぐわかるのです

美味しい時は、宮川大輔みたいに

うまいっ!

て言うけど

そうでもないときは

あーうん、食べれるよ

って言うんです

 

 

そんなのわたしはわかってて

食べてすぐに宮川大輔にならなかったら

ちょっと失敗したな

って思って反省するんです

だけどいつもなんとなく

食べてくれていますし

わたしもひどくまずいものは

作ったことはないと思うんです

 

 

だけど昨日は

夫が珍しく苦言を呈し

さらに

「もっとだしとか醤油を使って…」

とか言ってきたのです

 

 

普段なら流していたと思うけど

なぜか

ものすごくカチンときて

そんなこと言われたくない

と言いました

 

 

料理をしない人に

そんな風に言われるのは

腹が立つことです

 

 

近頃

仕事帰りの買い物も

しんどくなってきたりしますし

毎日献立を考えるもの大変です

さらには太らないように

薄味にしようとか

だけどバランスを考えようとか

色んなことを

抱え込んでいたのかも知れない

 

 

 

夫の発言が

悪かったと言うよりは

タイミングが悪かったのだと

思いますが

わたしはとても悲しくて

ついには涙がとまらなくなってしまい

夫はオロオロして

わたしはむっつりだんまりだったので

100回くらい謝ってくれました

 

 

 

よく考えたら

今までのご飯も

美味しくなかったのかも知れないし

夫もそれが積み重なったのかも

しれませんが

一生懸命してることを

批判されると大変辛いので

お互い歩み寄るしかないと思います

 

ねっ