ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

黒髪の乙女と旬な男たち

やだやだ

そうやってまた

文化系女子、を

取り込もうとしてるんでしょん

 

 

わたしは文化系女子、か

わかりませんけど

パーリーピーポーか文化系か

といわれたら後者ですね

 

 

そんなことを言うのは

森見登美彦の小説

夜は短し歩けよ乙女」が

映画化されるそうなので

これは!これは!

久々に姉と見に行かなければいけない

そんな風に思う映画は

久々だからです

 

 

わたしが

姉と見に行かなければ

と思うときは

本当に見たい映画なんです

 

 

 

それにしても

アニメーションの原案は絶対に

中村佑介だし

主題歌は最近リライトをリライトしたアジカン

そして主人公“先輩”の声を

今をときめく星野源がやるんですって

 

 

星野源の声はちょっと低いけど

素っ頓狂な声も出るのかな

でないのに出すのかな

それが良いかもなぁ

 

 

なにこれわたしのために

集められた陣営なの?

なんて思う乙女は

限りなく文化系女子なんですって

多分

 

 

 

ちゃっかり乙女、とか

使ってしまうあたりがもう

 

 

 

 

森見くん、は旬ではないが

わたしの中ではいつも旬である

この本は色々断捨離した今も

大事に取ってあるのです

 

 

 

真夏にこたつのくだりがあって

熱中症にならないために

これは冬に読むべき、と思うから

そろそろ引っ張り出そうかしら

キャラクター名前とか

忘れたところもあるし

 

 

 

アニメ化に関しては

既に四畳半神話体系がしてあるので

スタッフも一緒みたいだし

主役はほぼおんなじ顔だし

脇のキャラクターも

既視感があるから安心だなぁ

 

 

ただ

樋口さんは

羽海野チカさんのあとがきみたいな

イケメンにして欲しかったけど

前のナス顔っぽいね

これは仕方がないね

 

 

黒髪の乙女が大好きなんですけど

実際にこのような乙女が

存在するわけがないので

アニメ化の後

偽物が多量発生しないよう

祈るばかりです

 

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

  

 

 

なむなむ