ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

いまこそTIME TO GO

かねてより

RIP SLYME育ちなのです

ということは

ここで公言しておりますが

 

 

 

久々に聴いてみると

やっぱり心が落ち着きます

 

 

 

ラップなどあんなに激しい曲の

何が落ち着くのか、と

思う方もいらっしゃいましょうが

あの時代に第一線で活躍されていた

ラップグループは

やはりセンスが良くって

今聴いてもいいなぁ、と

思うのが多いと思います

 

 

 

一番すきなアルバムは

Time To Go

 

 

彼らのメジャーデビュー後の

オリジナルアルバムとしては

3rdアルバムになるかと思いますが

擦り切れるほど

聴きました

 

 

このころは

トラックの音にこだわりすぎず

結構あっさりしてて

what's doing?

みたいなビートボックスのみの

サウンドもあったし

すごく大好きな時期です

 

 

 

内容的にはちょっと

暗いんです

シングル達は

すごくキャッチーなのに

アルバム全体の雰囲気が暗いんです

多分最後のタイトル曲

TIME TO GOのせい

 

 

だけどそれが当時

中二のわたしにドンピシャで

できれば今

中二の皆さんにも

聴いてほしい一枚

 

 

おすすめは

 

 

HOTTER THAN JULY

ミニッツ・メイド

TIME TO GO

 

 

 

 

Time To Go

Time To Go