読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

タモリを思い出す

タモリさんという人が

定期的に

気になります

 

 

何故かわからないけど

もしかしたら

父に少し

似てるかもしれない

 

 

枠にはまらないのとか

ジャズが好きなのとか

器用なところとか

地形とか坂とかってわけではないけど

こだわりがあったり

職人技がすきだったり

 

 

彼は街で生まれたからなのか

登山がすきだ

無い物ねだり精神は

わたしに受け継がれた

 

 

わたしは勝手に

父は息子でもいたら

もう少し楽しい人生だったのかもしれない、と

常々思っていて

姉よりはわたしはわりと幼い頃

映画とか音楽とかの

彼の趣味に

付き合っていたとは思うけど

しみじみとこないだ

星野源と楽しそうな

タモリさんを見てそう思った

 

 

だけど彼には

今年ふたりも

息子ができた

こりゃめでたい

 

うちの夫は

芸術的なことは全くダメで

田舎の青年だから

逆にいつも周りにある山とかに

わざわざ登らないけど

姉の夫は趣味が合うかもしれない

 

 

とか

考えていたら

涙が出てきたよう

 

 

 

星野源のせいだよ

 

 

 

 

Stranger

Stranger

 

 

 

ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉

ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉