ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

お体おだいじに

仕事帰り

職場の駐車場で

義母に会った



わたしを待っていたというより

ぼんやりしていたら

たまたま会った、という感じであった




近くで用事があるらしく

車を置いていてもいいか、と

いうので

どうぞどうぞ、と言った




すこし立ち話をしていたら

義母は

何故か傾いていた





胴が痛い、としきりに言ったので

何かあったのか聞いても

姿勢が悪いのか

たまに、こうなるの

そのうち治る

と言った




心配



その後、義母は

用事があるというところへ

傾きながら歩いて行った

駐車場がないなら

乗せていこうか、と言ったが

時間があるので歩いていく、と言った




彼女は、わたしに

気をつけて、と言って

わたしは、お大事に、と言った



実の母には

年に数回しか会わないし

そこまで気が合うとも

思わないけど

竹を割ったような義母は

なんか好きなんです




いつも元気で

まだまだ若い義母なのに




その姿は

シュールでいて

尚且つ

哀愁を感じ

とても心配です