読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

原色のタオル

思い出というのは

淡く儚く

大概が

悲しいものである




なぜなら

今も続いていて

しあわせなことは

思い出にならないからである

過去にしあわせだったことも

過ぎれば

思い出になってしまう

それはさみしいことだ




人生をやり直すなら

18歳からにしよう

そこからの2年が

一番楽しかったのは否めない

それまでの人生のことは

忘れてしまったから



いままでの人生で最大に

失敗したことがある

悔やんでいたりもする

だけど仕方の無いことである

今更どうしようも無い





それ、を乗り越えるには

どうしたらいいのか

結局いつまでも

心の中に残っている




誰にだってあるでしょ

そういうこと




今日はそんな夜なんです

ひとりだからね

内緒ですよ