読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

家族会議

ひまわり、仕事辞めるってよ問題

について

遂に

ひまわりくんの家にて

家族会議が開かれました



先日は

農業をやったらいいじゃない!と

言ったわたしですが

基本的にひまわり君の味方を

しませんでした

反対派のお母さんの味方をしました

何故なら

お母さんがわたしの本心の

味方だったからです




話は

お母さんのペースで進みました



仕事を辞めて

農業をすることに対して

今の給料を捨ててまで

危険な賭けに出る必要はない

というのがお母さんの見解で

なんなら、転職をすればいい、と

言いました



それは、わたしのことを思って

言ってくれてるなぁと

ひしひしと実感したので

わたしは、近頃やけくそで

ポジティブになっていたけど

やはり心のどこかで

不安になっていたところを

ひまわり君にぶつけてみました



暫くのあいだ

お母さんとわたしの2人で

計画性がない、それでは困る

という話をして

それにひまわり君が反論する

と言うスタイルの話が

平行線でつづきました



そして遂に

お母さんが

ずっと黙っていたお父さんに

話を振りました



お父さんはもともと

とても優しい人で

シャイで言葉少ないタイプだし

時たま口を開いたら

何か冗談を言ったりと

不思議な人なのですが

人は、悩む時期が必ずある

と言った後

ビシッと

「でも、農業で生活するのは、無理やと思うぞ」

と言いました



もちろん

農業で生活しているひとは

たくさんいます

だけど

ひまわり君は

まだまだ考えが甘く

基盤もできていないのに

そんなことを言っても

厳しい世界では通用しないぞ

と言うことでした



そして、転職するか

気にかけてくれる上司を頼って

部署を変えてもらったらいい、と

アドバイスをくれました



わたしは

お父さんがビシッと

言ってくれた時に

涙が出そうになりました

お母さんの方は

わたしと同じ考えだとは

思っていたけれど

お父さんがあそこまではっきりと

言ってくれるとは思っていませんでした




今まで

ひまわり君の様子を見ながら

だったので

半ば諦めたりもして

先日は、もうやめたらいいや、と

書いたこともありましたし

農家の嫁になって云々、と

夢を描いたりもしました

だけどやっぱり

心のどこかで

儲からないとはわかっていたし

引っかかっていた部分がありました




それでも

頑固なひまわり君は反論を重ねました

その度に

3人に否定され、反対され

何度も甘さを指摘されました

そして遂に

我慢がならなくなったのか

お母さんの、不意な一言で

激昂し

マグカップを

床へ投げつけてしまいました



欠片が飛び散りました



とても温厚なので

そんな彼は、初めて見ましたが

ご両親に

そこまでやっと

思いをぶつけられたのかな、と思って

すこし

ホッとしました




いつも元気なお母さんは

呆然としていました

反対にお父さんが

あの、普段はのんびりのお父さんが

出て行った彼を追いかけ

泣き叫んで暴れそうなのを

力強く抑えた瞬間に

なんて素敵な家族なんだろうと

思いました



ひまわり君は

いままで

2年ほど病院に行っていたのに

それを隠し続けていました

わたしには

初めの頃に言ってくれましたが

ご両親には言わなかったのです

それは

プライドもあったり

心配をかけたくなかったり

人に気を遣すぎる彼にとっては

いろんな思いがあったのだと思います



それを

お父さんが彼を

なだめている間に

お母さんに伝えておきました

知らなかったと言って

びっくりしていました

多分

ショックだっただろうと思いますが

最後にひまわり君が

爆発したことで

それが伝えられてよかったなぁと

わたしは思いました




帰ろう、もう帰ろう、と

ひまわり君が、怒って言うので

車で帰ることにしました




帰路の道中

わたしが

どん底になった時の話をしました

前にいた職場で

人間不信になった話です



それを救ってくれたのは

部署異動と

当時のわたしに明るく声をかけてくれた

他ならぬ、ひまわり君だったのです



帰って一息つくと

部署異動を願い出てみようかな、と

彼の口から

初めてそんな言葉が

出ました



わたしが2年かけても

なかなか

変えられなかった気持ちが

ご両親の言葉で

考え直したのをみて

家族って素晴らしいなぁと

改めて実感しました



そんな夜です

ねむれない

本人は、横で、ぐっすりです




お父さんとお母さんが

よく眠れていますように