読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

結婚式についての考え

<結婚式について>

春に入籍をしました

晩秋に結婚式をします




もともと結婚式には

興味がなくって

ふたりで海外でするとか

親族だけでちんまりするとか

そういうのを考えていました



だけど、職場結婚だし

今後の事を考えると

職場の人もご招待しよう、となり

ゲストはこの辺りでは定番の

80人くらいで計画中です



<仕事を辞めるのに?>

ひまわり君は先日

熱血上司に呼ばれて

今後についての話をしたそうです



まずは、両親に相談しなさい

と言われたそうで

確かにその通り、ということで

早く伝えるようにわたしも言いました



そして上司との話の中で

結婚式の話になり

「仕事辞めるのに職場の人も呼ぶのは

変わっているなぁ」

と言われたそうです


そこで

わたしが、身内と友達でやる?と

言ったところ

ひまわり君は

「お世話になっているから職場の人も呼びたい」

と言いました



わたしは続けるつもりなので

自分の事業所の人は

呼ぶべき、と思っていましたし

本人は呼びたいみたいなので

計画に変更はありません



彼は

そういう人なのです

仕事を辞めるからといって

今までの人と

縁が切りたいわけではないのです



結婚式に、職場の人を呼ぶことで

今までの恩返しの気持ちを伝え

これからについても

責任を背負っていくつもりなのだと

おもいます

そこまで考えていなくとも

基本的に真面目なので

スパッと切ったりはできないし

彼の為にもそれをするべきではない

とわたしはおもいます




熱血上司については

親身になってくれているけど

直属の上司ではないので

その人を呼ぶとあと10人増えそうなので

招待するつもりはありません

その辺は

わかってくれると思います



<お金の問題>

結婚式の

内容は、本当に、テンプレ通り

前撮り、挙式、披露宴、二次会、の

この地域お決まりパターンです

これで、ざっと

300〜400万かな、と思っています



高いよね、結婚式って



わたしたち2人合わせて

年収がそのくらいなので

1日のことで

年収が飛ぶとおもうと

ゾッとしますが

結婚指輪と新居については

済んでいるので少しは気が楽です

先に同棲から入籍、結婚式まで

スパンがそれぞれ半年くらいある

ゆっくり婚なのです



将来のための貯蓄をしたいのに

1日でそんなに使ってもいいのかしら

と思うけれど

今年はいろんな岐路に立つので

けじめ、と思ってがんばります



お金の出所は

親からお祝い金として

出費をいただき

あとはご祝儀と

ひまわり君の副業(農業)収入に

かかっています



こうなるとわたしも

農作業を手伝う気持ちに

熱が入ります




ひまわり君が

自分の副収入で

賄おうという気持ちがあるようなので

わたしの貯金は

最後の切り札として隠しています

貯金は、いざという時に使うものですし

できれば親のお祝い金も少しは

置いておきたいとは思います



<やるからには>

まだまだ細かいことは

決めていませんが

やるからには

来てもらったみなさんが楽しいと

思ってもらえるように

内容を考えないといけません



その辺はおいおい

来週、早から、前撮りです



<夫婦って>

入籍をしましたが

夫婦と感じることは、まだありません

実感するのは

前にも書いたけど

ひまわり君のことで他人から

心配されるとき、くらいです


ただし

仕事を辞めるという

大きな問題を抱えているので

このタイミングで結婚式をするのは

大きな意味があると思います



使い古された言葉だけど

結婚はゴールではなくスタートだ

というのをものすごく

実感しています

これからどうなるか

見当がつきません

悩みばかりです

だけど結婚していなければ

こうなることもなかったので

嬉しい悩みなのかもしれません




そうやってすこしずつ

ふたりで話し合って

立ち向かっていけるように

今後もたくさんのひとに

支えてもらえるように

わたしたちは結婚式をします