ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

ゆとりですが何か

今期一たのしみなドラマ

「ゆとりですが何か」



前期は何も見てなかったので

連ドラを見るというのは

掟上今日子の備忘録以来ですから

結局、岡田将生が好きなのかな



わたしは

ゆとり世代でございます

ひまわり君もそうです

彼は岡田将生と同い年でございます




ドラマの内容は

今からどうなるのかなーって

面白いかんじ



もっと

岡田将生演じる主人公が

ゆとりなのかな、と思ったけど

ひどい描写は後輩にスポットが当たって

ゆとりと言われるけど一生懸命やる

そして振り回される

そんな主人公で気に入りました



そうなんです

ゆとり第一世代は

その後に

ゆとり最盛期(さとり世代)が

出てきたことで

ゆとり、という名前と

上からの評価で

自分のことがわからなくなるんです



だって

わたしたちは

初号機といいますか

実験台であって

それの失敗例なのですが

ゆとりとしては一番の先輩なので

さとり世代が何かしても

まとめて、ゆとり、と言われ

ゆとりの罪を一に背負って

レッテル貼られまくりなんです



最近の若者は!

という昔のセリフが

だからゆとりは。

という風になっただけのこと

なのに




あ〜あ



なんと言ったらいいのか

わからないけど


頑張ってる人もいるし

基本的に、ゆとり世代、優しいですよ

だけど

打たれ弱いのはホント弱いよなぁと

自分含めておもいます




顔なんかはぜんぜん

違うのだけれど

岡田将生くんの定番の役の

気弱なかんじとか

ついてないのとかは

ひまわり君と雰囲気がよく似ていて

そして打たれ弱いし

ネガティヴだし

だけど楽観的だし

人当たりはいい

というのが

そっくりで

昨日のドラマを見ていても

似てるなぁ、と思ったりしました



まぁ世代とか

関係ないだろ、といったら

ないのだけど





ゆとり第一世代は

もはや、アラサーになりました



それだけです