ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

ユーミンの魔法

今週もジブリ

女子会に行ってたし

途中から見る気はなかったのに

見ちゃった

だって

曲が好きなんだもの



物心つくか、つかないか、の頃

ジブリばかり見ていた

親の影響である



その中で

幾つかの、曲が好きになった



先週の

天空の城ラピュタの「君をのせて」

平成狸合戦ぽんぽこの「いつでも誰かが」

おもひでぽろぽろの「THE ROSE」




いろいろあるけど

一番素敵だと思って

なんで途中で消えちゃうんだよ

とおもっていたのは


最後に幸せな気持ちになるのが




わたしは当時

この曲は同じ一つの曲だと思っていた

よくわからないけれど

そんな風に感じていた

同じ人が歌っている、ということに

気が付いていたのだろうか




ユーミンの存在も偉大さも

知らないまだ

片手で数えられるくらいのわたしが

素敵だなぁと思って

むしろその曲が聴きたいがために

魔女の宅急便を見たいと言った




わたしは彼女の経歴や

偉大さを今も把握しているわけではない

それでも

どうしたって好きなのだ



あれから20年ほど経って

すごくすごく落ち込んで

人生のどん底だった時

ジブリ映画の、風立ちぬを観た



映画の時はそれほど思わなかったけど

帰ってから

ひこうき雲」を聴いた

真っ暗な部屋でずっと聴いた

涙が止まらなかった



青春時代に

リアルタイムでユーミン

聴いたわけではない

それでも

心にグッと来るのはなぜだろう



ユーミンの曲には魔法がかかっている

ひこうき雲

ひこうき雲