読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

激怒したのはメロスではない

地団駄踏んで

激怒したのはメロスではなかった

ひまわり君であった



彼は穏やかである

滅多に怒らない

他人への許容範囲が広い

こころがやさしいのである

ちょっと褒めすぎたかもしれない



しかし今日は帰宅するなり

怒っていた

昨日、携帯の画面が割れて

使えなくなったので

本日やむなく、ショップに行ったのだ

そうすると結局

新しいものにすることになり

いろんなサービスやらを提供され

半ば強引に、契約させられそうになり

一つは断れたけれど

ほとんど説明もなくて意味不明なまま

店員のノルマ達成の為なのでは、と

もやもやして帰ってきたらしい




彼とわたしの携帯キャリアは違う

だから、よくわからないところもある

しかしものすごく

怒っていた



普段怒らない人が怒ると

怒りの収め方がわからないようなので

いつまでも怒っている

末恐ろしいし

遂には面倒である



はじめは同調するものの

時間が経って収まったかな、と思ったら

思い出したかのように

同じことでまた怒り出すので

解決策を与えないことには

いつまで経ってもこの調子である



というわけで

あしたもう一度説明を聞きに行こう

という妥協策に納まって

ひとまず

寝てくれたようである



彼を怒らせるとは

よっぽどである

普段はわたしに向かって

ほら、イライラしないの〜とか

いうようなやつである




わたしは常々ちいさなことで

ぷんすかしたり

ちぇっ、と思っているから

すぐにどうでもよくなるんだが

沸点の高い人は

いつまでも、冷めないらしい



しかし彼の怒っているのにも

一理ある

わたしたちはまだ若いから

わからなかったらすぐ検索したりして

有料コンテンツを

解約することもできるけど

親世代になるとなかなかである

そういうことに対して

彼はとても怒っていた



もうすこし

お客さんの立場になって

考えてくれませんか

契約内容や

料金プランがわかりにくいし

キャンペーンが不透明すぎる



どこのキャリアも同じこと

よろしくおねがいします

なんでここで言ってもダメだから

明日ちょっと行ってくる