ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

これだけ言わせて〜今年のワンフレーズ〜

帰省中です

バスでブツブツ独り言を言えないので

やっぱり書くしかありません




思いついたので

今年のワンフレーズを

発表します

またそれかい



漫画からです


とはいえ

わたしはあんまり

沢山漫画を読むわけではないし

家にあるのは



よつばと!だけです

(実家にフルーツバスケットがある)



少年少女のころは

もっと持ってたけど

長く楽しめるものだけ厳選したら

以上になりました


そんな中

今年買ったのは2冊です

わたしにしては多い



時期は前後しますが

一冊は待望の、よつばと!13巻です


表紙でその後の展開を

予想していたら

カバーめくったら案の定、でした



待望、と言いつつ

心待ちにしながらも

発売情報などは調べずに

いつも本屋さんに行ったら

そろそろ出てるかな?と見るような

お付き合いです

それでも高校の頃から集めているので

10年以上になりますね


同居人は初めて1巻から読んだみたいですが

気に入ったみたいです

いつも

もてない男子の妄想の漫画とか

バドミントンの漫画とか

ゴキブリが世界征服する漫画を

読んでいるのに

こういうのも好きなんだそうです



今回もよつばちゃん

パワフルでよかったんだけど

ばぁちゃんの回で

思わず泣いてしまいました

わたしも歳ですね

すごくよかったです



だけどワンフレーズ大賞は

もう一冊の方から選抜しました



もう一冊は

前にも書いたけど

A子さんの恋人

AA子さんの恋人 1巻 (ビームコミックス)


恋人とタイトルにあるけれど

決して色恋沙汰ではない

ちょっとシュールな

さすがのNY経由なセンスに

脱帽です


作品解説はAmazon様にどうぞ


この漫画より

主人公のA子ちゃんではなく

友人の何もしなくてもモテモテゆうこちゃんの

渾身のセリフを

今年のワンフレーズとさせていただきました



シーンは

歳下のとても心の綺麗で素直な彼氏と

初詣に出かけたゆうこちゃん

ちょっと性格に

ブラックなところのある

とはいっても、アラサーの女って

みんなこんな感じだろ、と

共感できるようなゆうこちゃんが

自分のワガママに嫌な顔一つせず

付き合ってくれる彼氏が

あまりにも眩しすぎて

心の中で絶叫した一言



「誰か心の薄汚れた人で中和しないと

自己嫌悪で死んでしまいそう!!」


に決定しました



おめでとうございます

ありがとうございます



ついでに漫画大賞も差し上げます



わたしとて

歳下の心の綺麗な人と

暮らしているので

こういうことってものすごく

よくあることなんですよ



彼はわたしのせいで

ちょっと香ばしい感じになってきて

わたしはちょっとだけ

淀みが薄くなってきて

塩梅は、いま最高潮です



この漫画

ぜひ30歳あたりの

恋愛が落ち着いたサブカル女子に

読んでほしい

オススメです