読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

くるとし、さるとし

年賀状をかいた

足りなくなって

コンビニに行った




現在27歳のわたしは23歳まで

毎年オリジナル年賀状を

手書きしていたけれど

24歳でやめた

就職2年目

非常に多忙な頃である

思い出すだけで身の毛がよだつ



そんな時に出会ったのが

コンビニの絵柄入り年賀状

大したパソコンも

プリンタもないわたしには

ありがたい代物だった



そして一昨年には

精神を病んだりもしたので

職場の人に書くのはやめて

大事な友人に

10枚足らずしか書かず

昨年には、ついに

書くのをやめた



ひとりの

アーティスティックな後輩の

年賀状だけは楽しみだったので

彼女にだけは書いた

わたしは、コンビニの、絵柄入り



絵を描くのは好きだった

昔は漫画も描いた

下手くそだったけれど

絵を描くのは好きだった

だけどいまは全く描かなくなった




その代わりに

字を書くのが好きになった

だから今年は

年賀状を書いた



わたしが年賀状を出さなくても

毎年送ってくれる人達がいた

そんな

大事な人にだけ

10枚余りを書いた



へなちょこの字で

筆ペンで書いた



年賀状なんて

時代遅れだと思う

紙の無駄だし

郵便局員にとっては

正月休みもないのだ

なんたるバカバカしい制度を

伝統として

わざわざ、国民的アイドルが

年賀状、ください〜なんて

体を揺らしているのか




と思ったりする反面



年に一度だからこその

良さってものがあるだろ

侘び寂びなんだよ

嵐も言ってるし



とおもったりもして


結局のところ

久々に書いてみると

やっぱり悪くないなぁと

感じたまでです