読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

くりへそ

趣味の話。



仕事の合間に

金融機関へ行って

貯蓄についての説明を

さくさくっと10分ほどで

聞いてきました



貯蓄の仕方は様々で

わたしもいろいろと

やっているわけなんですが

結局のところ

入ってくるお金は同じで

いろんなキャンペーンはあれど

金利率もそこそこ

なかなかガバッと大金が入るなんて

うまい話はないんです



わたしは賭け事は嫌いだし

地道にコツコツ、と思って

冒頭の金融機関にて

話を聞いているとき

ふと。

そうか、使えなければいいのだ

と気がついた



使わない、というのは意思で

その意思はとても脆い

ならば

使えないようにしてしまおう

最低限のところまで



いままでわたしは

もしものときの為といって

いつでも引き出せるお金を

やたらと分散させて

置いていた気がする



しかし

未だかつて

もしも、の状況に遭遇しない



だってまず

もしもの為に

保険をたくさんかけてるんですもの



よっぽどのことがない限り

今夜中にウン十万!とか

そんなことはないだろ



と考えてみると

結局

しまいこんでおけばいいのだ

必要最低限で

暮らすことにしました



やっぱり

安定した暮らしと

貯蓄が趣味なんだろ




いまは、ほんとに、最高