ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

ぷるぷる

結婚式って

何が感動するかっていうと

運命の人と出会ったとか

そういうことより

家族や友人に大事にしてもらって

ここまでやってこれました

ということのような気がして



結婚式は

ふたりのためであるけど

やっぱり

家族のためでもあるのだ



いろんな結婚式に

いくことになる今年

皮切りはアットホームで

わたし好みでした



親戚のおばさんが

すごく喜んでいたのが印象的



わたしは

県外からやってきて

こちらにいるわけで

多分、こちらで結婚することに

なるけど

(プロポーズは何処へやら…)



まぁ行く行くは

そうなったときに

職場の人を呼ぶかどうか

考えたり…



ひまわり君のお母さんは

親族と友人でやったらいいよね

なんて言ってて

わたしも同感



家族や地元のともだち、と

職場の方々、の温度差が

50度くらいありそうなので

(職場のノリは宴会)

できれば別々がいいと思っていて



うんぬん。



結婚式は大変だなぁ、

特に不自由ないし

むしろこのままでもいいなぁ、とか

おもうけど



来月実家に帰ったら

ばぁちゃんに会って

やっぱり、結婚しなくちゃ

とか

親に会って

こどもうまなくちゃ

とか思うに違いない




お互い

こどもがだいすきなので

ほしいね、といったら

順序が大事だね、と

意見は合ったから

大きな変化は

もうすこしあとの様子。



ぷるぷるのほっぺがたまらん。

たまらん。



正直なところ

新婚生活をしているようなものだから

しばらく楽しんだのち

結婚の儀式はサッと終わらせて

すぐにぷるぷるに会いたい