ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

今昔物語

6月に入ってから

丸一日休み、というのが

後にも先にも

1日しかないまま

今月はおわってしまいそうなのだ

しんどい



さてそんな中

単純作業を効率よく、人と協力して

もしくは、リーダーシップをとって

やるべき仕事があった



わたしはこういうときに

いつもひとり

思い出してしまうひとがいる



かつて

若かりし頃のわたしが

結婚したかったひとである



とにかく合理的に物事を進めたいひとで

頭が賢いゆえに

一目置かれてはいたけれど

口下手なので

コミュニケーション能力に乏しく

ひとに協力を仰ぐことができず

さらに自分にもひとにも厳しいから

常に少し怒っている

そういうひとだった



学生のときに

付き合っていて

わたしもよく怒られた



ネチネチと、怒られた

最終的には

地球温暖化に怒っていたりして

常に戦っているひとだった



酔っ払うと無礼講なので

同性人気はあったし

わりとイケメンだった



いま思えば

わたしの恋心は

そういう他人に厳しいイケメンが

自分にこころを許している

ということへの自己満足

だったのかもしれない



というわけで

褒められて伸びるわたしは

いまは絶対に結婚したくない

タイプなのだが

彼の、作業への取り組み方は

いまでも参考になるとおもって

たまに思い出してみるのだ

するとうまくいくけれど

必ず

すこしげんなりする



その反動か

ひまわりくんは

滅多に怒らない人である

ごく稀に怒ったときも

うわーん、といったら

俺が悪かった、というような人である



人生で大事なことってきっと

効率よく作業をこなすこと

ではないのだ



回り道をどれだけ

楽しめるかなのだろ



と、わたしはおもいます