ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

変化球

自分の負の感情を

人にぶつけるのが苦手ですから

極力

場面において

その時良いだろう、と察知したものを

自分の感情として

表現するのだけれど

たまに間違えたりもします




そんな中で

唯一

いらいら、したり

おこったり、

悲しくなったところを見せたり

できる相手が

ひまわり、なんだけれど

この人は感覚がずれていて

わたしの怒りが

届かない時が多々あります



届かなかった時は

あぁ、怒るような場面でなかったか、と

後から思い返したりして




もしかするとこの人も

ただならぬ空気を察知して

穏便に済むように

とぼけているのかもしれません



たまには

わたしの気持ちも

分かって頂戴

わたしにも、いろいろ、あるんです

なんて

それはお互い様かしら