ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

ちょっぴり

家族のことを

詳しく知って

理解して、というか

あぁなるほど

人に歴史ありとはこのことで

彼らはそうやって

毎日を過ごして

こうやって最期をむかえたい

ということまで

考えているのであれば

もうわたしが

家族に対して

ちょっと面倒臭いとか

そういう感情って

ほとんど無いに等しくなったなぁと

思った夜




ひとつ

彼が

彼女より

長く生きるであろう、という程で

話をしていることが

すこし気になったのだが

それはわたしが

理由を問うたり

詳しく考えたり

知るべきことでも無い



わたしだけが

わからぬことは

きっと、

あるべきです



素晴らしい夜でした