読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

変化球

自分の負の感情を人にぶつけるのが苦手ですから極力場面においてその時良いだろう、と察知したものを自分の感情として表現するのだけれどたまに間違えたりもしますそんな中で唯一いらいら、したりおこったり、悲しくなったところを見せたりできる相手がひま…

人たらし

初対面の人には好きな食べ物すら教えたくないわたしと暗証番号まで教えてしまいそうなひまわりわたしの人見知りは過剰気味かもと、おもうのだけど彼の人懐っこさも過剰気味だから一緒にいるときは余計に無愛想なわたしですだってふたりして食い気味だとなん…

ムーミン

こんどムーミン展があるたのしみにして早から前売りを買ってあるムーミンのイラストなどはできれば個人的に楽しむものとおもっているのでたくさんの知らない人と大きなところで見るのは変だとおもうけれどせっかくのことでさらにはペアチケットもあったから…

待機

インフルエンザですってわたしじゃないけれどあらまぁ流行を行くよねわたしはピュアじゃないからかからないの

ひきこもり

連休ひまなので声をかけるけれど忙しそうなひまわりなんだかわたしストーカーみたいじゃない会って話そうとおもうような友達もおらず金曜に職場の女子会してそれ以降女子に会うパワーがないんだじぃっと部屋にいるひきこもり

誰かと暮らすということ

ついに晦日、大晦日最後の最後にはずかしい話を書きますよっと一人で暮らしているとどうしようもなくさみしくなって眠れないような日がある原因はわからないけどとにかく泣けば眠れるようになるその翌日は寝不足年内に会うのは最後かなといってひまわりが来…

仲間

もともとなんらかの大きな意志があって家を飛び出したのだけどたくさんの挫折と体験を経て初めの大きな意志はもろとも崩れていって今となっては何故ここにいるのやらというのとそれでもここにいるしかないというのの狭間でごっちゃごちゃになっているのだな…

クリスマスの巻

プレゼントは大体想定しておいて仕事が終わって一目散にプレゼントを買いに出かけた用意が終わってから呼び出そうと思ったらいちごたべる?と嬉しいお知らせてっきり食後のいちごかと思いきやいちごを豪快に乗せてbûche de Noël風に着飾ったロールケーキが登…

メリー

いまさらクリスマスプレゼントは何をあげようと考えていたら彼が大変すばらしい存在のような気がしてというかそういう事実に気がついて胸がいっぱいで眠れませんそこにいるのが当たり前になってもしかしたらカッコつけて言ってるセリフもあしらってしまって…

告白

どきりとしたかなしくなって泣いた自分でもどうして泣く必要がある、とおもったけれどどんなに抱きしめても心の中までは寄り添えないと気がついたからなのだろうかひまわりからの突然の告白少し前から心療内科に行ってるって前ほど元気がなかったりだけど途…

ふところ

ここのところ体調も悪くていらいら、していたのに割といつも通りの調子の君になんだかちょっとためいき、ということもあったりしてけどよく考えたら不安定のまま機嫌もそこそこわがままふりまわしたりしてそれでいつも通りのようにみえる君はすごいなぁと尊…

祭り前

一緒に過ごせなくてちょっとつまんないです君は実家だけどわたしはひとりでつまんないですだから反対に夜更かししてしまうクタクタにならないと眠れないのですというのは言い過ぎひとりぼっちも満喫中です地域の風習なんだってなんか今時ちょっと面白い祭り…

あ、うん

酢豚作る失敗するせかせかする笑い出すのちに、悲しくなって泣くどうした、といって慰められるやさしいのははじめだけでしょうかそれでも、根本的に非常にやさしいさかさまのまんま朝が来てひるすぎ、病院に行く途中で入り口を間違えて赤と白と黒のパラパラ…