読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

注意報

お花畑を歩いていたら風が吹いて少しぬるくて気持ち悪かったそれでも冷たいほどではなくてまだ、だいじょうぶ、と言われた気がした-----|-----|-----|-----|-----|-----|-----|-----|-----きょうのことひまわり君に優しくしてくれてる先輩が「こないだ、あい…

おしゃべり

わたしがぜったいになりたくないのはおしゃべりおばさんであるひとのことやうわさ話をぺらぺらと話すのは恥ずかしいことだとおもうからだけどきょうおしゃべりだね、と言われたわたしはすでにおしゃべりおばさんであったひとの秘密をバラしたわけではないし…

託すこと

当たり前のしあわせを手に入れていくとわたしがいままで大事にしてきたものがどんどん崩れてしまいそうそれは大人になるってことですわたしはいつか親になって子どもに、勉強しなさいとかいうのかしらつまらないな自分はさほど勉強しなかったし勉強してたら…

エンドレス洗濯物

きょうは帰宅から30分遅れでただしい生活のリズムをこなした寝る前の作業にと置いておいた洗濯物をたたんでいるうちにふわりと浮かんだことを書こうわたしはさいきんまで人と接することが向いていると思って生きてきた中高は部活をしていたし大学時代は接客…

好み

せっせと家計簿をつけていた年末に雑誌の付録だという大変立派な家計簿をいただいたしかし書くところが多くてなんだかいやになった日記は日記、家計簿は家計簿と分けたいタチなのですそれまでずっと百均のシンプルなものを使っていた日付ごとに書き込んで項…

芽生え

こどもがいたら絶対たのしいじゃないですかたいへんだとおもうけどたまらないとおもいます最近やっと母になってもいいかなと思うようになってきましたいままでこどもとは置物のように可愛らしくてどこか非現実のものとおもっていたけれど同世代の人がこども…

座右の銘は

いろいろと書いたり消したりしていたらガラガラと崩れ落ちていくものがあったそれは固執した考えであってものすごく幼稚な、しょーもない、ださいそんな考えであったそれが、ガラガラと崩れ落ちていって大変綺麗な光景だったあくまで比喩ですけれど縛られて…

スイートポテト

スイートポテトを作ったのは小学校2年生以来か小学校の保護者と作る家庭科実習でみんなでわぁわぁ言いながら作り当時こんなに美味しいものがあったなんてと感激してから大好きなんだけどあの時食べたものがやっぱり一番美味しかった思い返せば仕事であまり行…

オカンになったら

オカンになったら、赤ちゃんが自分で立ち始めてうんちするときにはずかしくなって壁際に行ってカーテンにからまってむぅぅんて、なるのがかわいーんだって見逃しちゃダメよ!と言われたからおぼえとこ