読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまわりと紫陽花

そろそろっと

うわさ

世の中 思いがけないようなことが 起こるものだ わたしがどん底の時 その原因の一端であっただろう人たちが 退職するという 噂がある そのふたりが 直接わたしだけに 何をしたわけでもないが しかしひたすらに その存在が特異で 怖かったのである そう思って…

落ち込んでいる彼と

夫が落ち込んでいます 仕事で 部署異動が発表され 分野が今までと全く異なり 希望と違うところになりました 外野の人は 出世するにはいい道だよとか 向いてるんじゃない、とか 励ましてくれたりしますが 新しい場所への不安と 今までいたところへの愛着と 追…

女はみんな女優

夫のおばぁちゃん 先日初めて お会いしました おじいさんが亡くなったりして タイミングあれこれで 結婚の挨拶が 遅くなり ちょうど ひまわり実家に来ていると 言うので会うことができました うちのばぁちゃんより ずっと若くて 思ってたより明るくて 会いた…

怠け者と明けない梅雨

夏がきらい だいきらい ほんとうはすきなのに まえにひとりで 現実から逃げたのも夏だった そのときは 森見君の ぽんぽこ仮面も一緒で 電車に揺られて 気がついたら京都にいた うだるような暑さのなか 京都を闊歩して 二条城で熱中症になりかけたり 上賀茂神…

きっと大丈夫

先日、職員に対して管理本部の上司から出向いて面談があったらしいうちにも来るはずが管理本部が隣なのでまた今度ね、と言われてちっとも来やしない毎日、雰囲気は見えるから別にいいのかもしれないそして特にわたしのところは問題ないひまわり君は本部から…

忘却の彼方は近い

事件発生も翌日の夜となれば散々、嫌味を言った後とにかく有無言わせぬようにあー言えばこう返す、で論破してみたりそんなのは文系のわたしにはお茶の子さいさいでしてそれでだいぶ鬱憤は晴れるそしてあちらはしょんぼりしたふりしながら疲れに任せてぐーす…

去る者追わず

人の気持ちは手に取るようにわかる特に怒ってるとか嫌われてるとか負の感情はよくわかるだから関わらないことにする別に嫌われたって構わない波風立てない口論しない平和主義で気づかぬふりしてヘラヘラ笑っていよう無意識でも敵意があると敵意を向けられる…

振り返り

ひとりの夜ひまわり君は、出張ですわたしたちはなかなか仲がいいので休みの日は個人活動しつつも大概一緒にいるんですけどたまにはひとりもいいよねひとりになった夜は音楽を聴くか映画を観るか本を読むか文を書くかくらいしか趣味はないんですけどわたしの…

ウエディングドレス合戦

式の日取りが決まりましたついでに調子に乗ってドレスを試着しに行きました早い早いまだまだ半年以上ありますが普段のんびりなふたりは早め、早めですドレスを決めるお店の候補はふたつあってひとつは、式場と提携してがっつりプランも組んでいるところしか…

同じ過ちを何度もループ

わたしはまたやってしまったこれで34回目くらいかもしれないざっとおおよそそのくらいか勝手に勘違いをしてプリプリ怒ってやつあたり、したあと頭が冷えてよくきいてみたら勘違いだったということよくある!あるある!なんてのじゃ済まされない本当にごめん…

サバイバル

職場結婚すると相手の批評が入ってきてしまうどうしなくてもお互い負い目がある同士なのになんてね第三者に助言もらうけどこれでもわたしは盲目じゃないのひたすら自問自答してるのそれでも残った結果がこれなのだから誰でもいいからよかったねーって言って…

ガリレオのショーケース

ユニゾン話つづきです"現実はそんなに悲しいものかしら"その歌詞がとてもすきですそのフレーズがあったからわたしはこうして生きているのだと思いますこれはUNISON SQUARE GARDENと云うバンドのガリレオのショーケースという曲の一節わたしは過去に夜眠れな…

35度

熱しやすく冷めやすいのはよくあることなのを忘れていて2ヶ月ほど前ひまわり君のパチンコ発覚にて喧嘩勃発それの対策として貯金をすればいいのか、と逆ギレのちなぜか、株の投資を始めると言い出しそれについても少し揉めたけど本を買ってきて資料請求もした…

ぽろぽろ

そういえば。ひまわり君は、お人好しだけど少し人の気持ちに鈍感なところがあってそれで後から気がついて怒られたりしてものすごく、ものすごく落ち込んだりするかれこれ半年以上たまに病院に行っていたりだけど、元気そうなのでわたしはすっかりそれをわす…

予測

知り合いの女性が恋人の軽い浮気みたいなもの(わたしは浮気とは思わなかった)で怒って、1週間口聞かなかったというはなしをひまわり君にしてすごいね、乙女だね、なんて言ったら俺が同じことしたらどーするて言うもんですから勝手にどーぞ、なんて返したら嫉…

所変われば

そういえば中高生の頃は青春をこじらせて毎晩、毎晩泣いていたような記憶プリントの裏なんかに小さい絵を描いて横に文を書いて切り抜いて箱に溜めてたまにそれを取り出して眺めて泣くというセルフコントロールをしていたね泣いていた理由はきっと恋とか友情…

楽園

ふたりはたまにしょうもない絵空事を語り合って現実逃避を図るのだお互いに言いたいことはわかってるそれぞれが辛いこと、困難なこといろいろあるのだから南の島の話でもしてどうにかやりすごしていくのそうやって生きて行こうそういう時代なんだもの

実家にひまわりと行くという日程を決めるのに土日もやたらと仕事があってなかなか合わずこれ、というところにもひとつ、仕事が入ってて義務ではないけどひまわりも関わることだし仕事に行ったほうがいいのかなーと思っていただからこの日も、だめだねと言っ…

もごもご

なんかこうもごもごしてだめなんだのうてんき、ではなくてほんとはものすごく暗い夢に出てきたの下の方で手を振ってわわ、とおもったら消えたもうひとりは傍にいてやはりそうなんだ、と思った彼のために何かできることはないですかいますぐでなくてもいいか…

はらはら

こんなことも起こりうるいい歳になってしまった来月あたりひまわりと実家に行く予定になった年末にひまわりが挨拶に行きたい、と言ってくれて年末の帰省中、親にその旨を伝えたら異常に盛り上がって春頃おいでよ、なんて言って双方の合意で来月あたりですた…

きょうはとってもきらいなところへ行かねばならないそうかそれで眠れなかったのものは考えようだから確実にいやなおもいをしにいくのはつらいいっそ無であれ感情を無にすると乗り越えられるかも

忍び耐える

文字ツールのやりとりにて意思の疎通が出来なくてちょっとひまわりに腹が立ったきぃぃ、とおもったが捨てゼリフを吐かず黙っておいたしばらくごろごろしていたらとなりの部屋から言い争う声が聞こえたたまに見かけるカップルだ普段はあまり聞こえないから割…

ひらき

一通り仕事のこと、嫌だな、って周りに伝えたらなんだかすっきりとしてもういいや、やるしかないしと開き直ったものですがーんばろ

カノン

パッヘルベルのカノンがすきです日本人の大半はすきだとおもいますけれどこれを聴くと人生も捨てたもんじゃないとおもったりしますあとひまわりのことをとても大事に思い返します去年のクリスマスに生演奏を聴いたからかなあのときのこと思い出してどうにか…

終わらない

嫌な仕事が終わったと安堵していたのに選抜されてまた同じようなことをすることになったすごくいや困った、困ったと思ってひまわりに言ったら選抜から漏れた彼はすこし残念と言ってわたしは随分後になってしまった、と思った反省もうこの件に関してはひまわ…

ペース

人のペースに合わせる方が楽なんだけどたまには自分のペースでどうにかしたいよなせめてわたしの領域内ではわたしのペースでいたいよなずれが生じるのあたまいた

ちぇ

やすみがなくていらいらしてきたよちぇ

独り言

ひとりごとですので共感してもらえなくても仕方ないのですけど他人に厳しい人は自分のうまくいかないことを人の所為にしているような気がしてならない自分に厳しい人は人のうまくいかないことまで自分の所為にしているような気がしてならないわたしはどっち…

選択肢

とてもいいとおもっても関わらないほうがいいということもあるとても素敵な人と結ばれたからといって幸せになるとは限らないというのと似てる自分の人生にすこしだけ絶望今年に入ってから何を選択しても違ったかな、と思うからリスクの少ない方にして三連休…

当たり

わたしはなんらかの診断で「行き当たりばったり女」という結果がでてこれ以上にない結果だ、と大変納得したわけなんですことしもそれでいい?まぁーいっか

空気清浄

たいへん、頭を悩ませましたつかれた余計なことを考えすぎるのは都会にいるからかもしれませんはやくひまわりに会ってクリーンになりたい都会はやっぱりきらいだよ田舎がいい

末っ子気質

先日お呼ばれしたときひまわりのお兄さんがぼんやりストレスかなぁ?とか言いながらおかし食べちゃうんだよねなんて言って奥さんも寝る前にチョコ食べるの習慣になってるもんねなんて笑っていたのだけれどひまわりもそんな風にあっさりストレスだなぁ、とか…

daijooob

わたしは去年の夏1週間くらい誰にも会わずに外にもでなかったことがありました一人暮らしは携帯の電源切っちゃえば世界に一人になれるのですそれでもどうしてもいかなきゃいけない仕事の研修があっていやだ、いやだ、とおもいながら出かけて行ったんです会場…

ひとやすみ

ここへきて人生うまくいくばかりじゃないなぁと思ったりひとやすみ、といったところかわたしみたいのが病院にいって薬もらうのとは訳が違うような気がして落ち込むのだけどよく考えたら周りでこの人は絶対落ち込まないなんてひとは1人もいないよなぁと気が付…

告白

どきりとしたかなしくなって泣いた自分でもどうして泣く必要がある、とおもったけれどどんなに抱きしめても心の中までは寄り添えないと気がついたからなのだろうかひまわりからの突然の告白少し前から心療内科に行ってるって前ほど元気がなかったりだけど途…

さみしい

結婚したらすぐさみしくなって実家に帰ったことがあるとよく聞くけれどそれはそれまで実家で暮らしていて1人の時間がほとんどなかった人なのかしらそれともそんなに結婚はさみしい、ものなのかしらわたしはそろそろ1人の暮らしがさみしくなってきましたそれ…

結婚とかしたらなんだかモヤモヤした時に部屋暗くしてイヤホンで懐かしい曲聴いて大号泣したりすることもできなくなるのかなそんなことはしなくてもよくなるのかないまでもたまに一緒にいすぎると頭が痛くなったりして一人で暮らしていると誰かと暮らすこと…

ピーターぱん

両親への挨拶とか紹介とかそういうの経てみんな大人になって行くのにわたしときたらはずかしいはずかしいはずかしいとかばっかりでやだなぁおとなになれないんだもんサラッと言ってくれたけどほんとうは勇気を持って言ってくれたかもしれないのにひまわりの…

むぅ

ぐにゃぐにゃしてたら逃げられちゃいそうかもかも

座右の銘は

いろいろと書いたり消したりしていたらガラガラと崩れ落ちていくものがあったそれは固執した考えであってものすごく幼稚な、しょーもない、ださいそんな考えであったそれが、ガラガラと崩れ落ちていって大変綺麗な光景だったあくまで比喩ですけれど縛られて…

のんびり

世界はもっと淡々としていたらどんなによいかなのに全然いらない欲が人を魅了してやまないある程度以上の熱血な欲は不快だとおもうけどわたしのだらだらしたいできればサボりたいなにもしたくないという欲も見ようによっちゃ不快 だけどもうすこしのんびりと…

式の前々日

嫁入り前のともだちに渡すものがあっていつもの3人が集まりうちで、お茶を飲んだよく考えたら彼女にとっては何気に、独身最後の会合だったけれどいままでと変わりなくだけどいつもより忙しそうに帰っていった次に会うときはすでに入籍しているというのは不思…

SP

仕事の飲み会君のよく気がつくこと素晴らしい見習おうとも根付いたものは到底敵わないからそんな君を見えない敵から守ってやろうじゃないかまかせろー