ひまわり 紫陽花 初夏の風

いつのまにか育児ブログ

臨月

プリンを作っています

何度も蒸してますが

全然固まりません

こまったな

 

 

いやプリンなんか

食べてる場合じゃないわよ

と思うのですけどね

体重が増えてはいけません

 

 

自分で作って見たら

まぁお砂糖の多いこと

お菓子って本当に怖いですね

 

 

 

臨月になりました

 

 

臨月っていうのは

10ヶ月のことみたいなんで

臨月です

 

 

いまはネットがあるから何でも

調べられるけど

予備知識がないものです

もう少し前だったら

ちんぷんかんぷんの言葉が多いです

 

 

一冊

妊婦大辞典のようなものを

買ってそれを読んでます

 

 

 

とにかく歩きなさい

だそうです

歩くのは嫌いなので困りますが

日々のルーティーンにしないとなぁ

さてこのあと少し歩こう

 

 

もうすぐ

いつ産まれてもいい時期になるようです

 

 

 

友達の子供が生まれました

ものすごくかわいい

 

 

おめでとう

 

足がパンパンクリームパン

現在

妊娠9ヶ月ですが

足がパンパンです

 

 

先日から

パンパンでしたが

それは太ももから足首にかけて

だけだったのです

 

 

しかし今朝

足を見ると

足の甲のところが

むっちりと

これでもか。とクリームを詰めた

お得なパンのようにもっちりと

腫れぼったくなっており

遂にここまで来たか、と

戦々恐々です

 

 

足だけではありません

手の指もパンパンで

もともと短く太いのに

もみじ饅頭のような手!

 

 

指輪を外しておいたほうがいい

という、先人のお告げがあり

抜けるうちに外しておきました

出産の際に

うっ血することがあるらしいよ

こわいね

 

 

手も足も

パンパンなので

熱を持っておりまして

非常に暑く寝苦しい

さらにジンジンと

少し痛むのです

 

 

これがさらに産んだあと

えらいことになる、と

先人の教えです

 

 

ひぇ

 

 

どうなることやら

 

読みました

宮部みゆき

「誰か」

 

 

 

誰か―Somebody (文春文庫)

誰か―Somebody (文春文庫)

 

 


 

 

読みました

 

 

後半の後半になって

やっとページをめくるのが

速くなりました

 

 

途中でやめようかと思ったけど

どうにか読み切れました

 

 

無駄と思われるシーンも多く

省けたよな、という気持ちもありまして

ちょっと助長したような印象でしたが

面白くなくはなかったです

 

 

何様、みたいな感想ですが

そんなとこ

 

 

これ、シリーズ化してるみたいですね

主人公の名前すら

最後まで覚えられませんでしたが

ドラマ化もされたみたいで

人気あるのだそうです

 

 

最後の方でやっと

自分の中でふむふむ、と思ったのが

姉妹の不仲の原因のところでしたが

早々に気がついていたし

(気づかせる伏線の多いこと)

やっぱりね、という反応

宮部みゆきさんは話を綺麗に

まとめすぎるなぁと思っていたので

そこだけ妙に暗い感じがして

印象的でした

 

 

宮部みゆきさんとわたしの

気が合わないのかもしれない

もう少し薄汚れていたほうがいい

 

 

はっきりいえば

簡潔に、お願いしたかったけれど

だらだらと長かったです

 

 

他人のレビューから

引用するならば

大して面白くない話を

面白く書く才能は素晴らしい

ということです

 

 

 

 

眠りながら読書

期間限定の専業主婦が

ひまで、ひまで

しかたがないので

買い物に行ったりしますが

お金を使いすぎるのもよくないので

図書館で本を借りてます

 

 

 

宮部みゆき

誰か

 

誰か ----Somebody

誰か ----Somebody

 

 

 

ただ全く進まない

何故だろう

普段は読むのが遅い方ではない

今回は特別に

5ページ読んだら眠くなる

 

 

決して面白くないわけではないのに

必要なのかわからない、要するに

脱線みたいな情報が多くて

この文いるー?とか思いつつ

そういえば

宮部みゆきさんって

こういう人だよなぁと思ったりして

 

 

 

まだ最後まで読んでないから

全部が伏線かもしれないし

はたまた脱線かもしれない

 

 

とりあえず今月中には読み終えたい

 

妊婦リサーチの記録

産休に入ってやっと

落ち着いたので

産婦人科が開催している

教室なるものに

参加しています

 

 

わたしは人見知り風なので

(ほんとは違う)

初めは余所余所しいんですが

そのうち慣れて来たら

別にどうだって気になりませんので

そういうところにも

行くのは億劫ではないです

 

 

グイグイくる人は苦手です

 

 

 

さて昨日は

母乳育児についてのお話とか

入院の時にいるものとかのお話で

大変ためになりました

 

 

 

最近はしょっちゅう

買い物をしているのだけれど

それでもまだ買い足すものが

たくさんあるなぁと

通帳の残高に怯えつつの日々です

 

 

先日

義理のお姉さんが

おむつが700円で売っていた、安かった

と教えてくれて

なるほど、それが安売りの相場か!と

判明したので

それからおむつのサイズと値段リサーチに

励んでおりました

 

 

わたしがいまからいるのは

新生児用でして

だいたい

新生児用にも二つあって

3キロまでのと5キロまでのタイプ

みたいです

 

 

大きさは

生まれてみないとわからないのですが

生まれてから買いに行ったのでは遅いし

夫がどのくらい当てになるのか

わからないので

少しは先に買っておこうか、と

思ったりです

 

 

 

というか消耗品とかは

のちに夫に買ってもらわないと

いけなくなるので

どういうのがあるか教えるために

一緒に買い物に行きたいけど

畑の準備があるので

ゴールデンウィークくらいまでは

待っていようかと思います

 

 

産婦人科の教室で

出産時期が同じくらいの人たちと

おしゃべりしていたら

全然わたしは準備してない方だなぁと

のんびりしてるわ!とおもいつつ

日常で他にすることもないし

焦らずのんびり

今を楽しみながら色々

考えようと思いました

 

 

という、妊婦リサーチの記録

 

 

昨日夫が

朝から

先日わたしが眠れず考えていた

冷蔵庫の配置を変えてくれて

とってもありがたい

 

 

普段なら全部

自分でするのだけども

さすがに今は冷蔵庫動かすのはやめとこ

といったところでした

 

 

これも記録

里帰りするの?

出産が近づいてきたので

よく

里帰りするの?

と聞かれます

 

 

わたしの実家は県外です

 

 

答えはノーです

里帰りはしません

 

 

 

理由はいろいろあります

 

 

①実家が都会なこと

うちには車がありません。

近くに駅があり

電車で事が足りるからです。

しかしわたしは田舎暮らしが長く

もともと交通機関も嫌いなので

病院に行くのに電車に乗ったりするのが

めんどうなのです。

 

 

②親がまだ働いている

母が働いています。

父が主夫をしています。

母はめちゃ忙しいので

いつもストレスを抱えています。

里帰りの相談をしなかったのも

帰っておいで、なんて言いそうにないと

思っていたからかもしれません。

初孫なのもあって

そこまでの余裕がなさそうです。

 

 

 

③家が狭い

うちの実家は、子供が出て行った後

引越しをして

マンション住まいになりました。

部屋は少ししかありません。

赤ちゃんが泣いたら

すぐ隣で両親が寝ているので

気になって仕方がないかもしれない。

 

 

 

④両親とそこまで仲良くない

決して不仲ではありませんが

ベタベタに仲良しではありません。

連絡も年に数えるほどしか取りません。

甘える事が苦手なので

それが一番な理由かもしれない。

 

 

⑤義両親のサポートがある

自分の両親の代わりに

夫の両親が、うちに来たらいいよ、と

言ってくれました。

これほど嬉しいことはありません。

家は近いし、広いし、退職してるし、孫もたくさんいるし、余裕がある。

夫も近くにいてくれますし

子供のいる友達もいるし

義理のお姉さんたちもいろいろ教えてくれます。

こころづよい。

 

 

 

そういうわけで

里帰りはしませんが

たくさんの人が助けてくれそうで

恵まれているな!と思います

うれしいしがんばります

 

 

当たり前のこと

先日まで

夫が出張にいっていて

しばらくいませんでした

 

 

家に帰ったら一人なので

寂しくもありましたが

産休に入るまえだったので

昼間は仕事に行って

いろんな人と話をしたので

独りぼっちでもなかったし

タイミング的に

よかったなぁと思います

 

 

帰ってきたら

帰ってきたで

割と、面倒臭い所(かまってちゃん)

あるんだけれど

やっぱりいないと寂しいです

 

当たり前のしあわせって

やつなんじゃないですか

 

 

今後もまた

出張があると思うけど

その頃にはもう

子供が産まれて

てんやわんやなのでは!

 

 

 

想像がつかないなぁ

けど頑張ろう